固結した原材料を袋のまま砕ける粗砕機はコレ!取り扱いメーカー3選
粗砕機を知るメディア「KUDAKE!」 » 粗砕機を扱うメリットを知る

公開日:|更新日:

粗砕機を扱うメリットを知る

製造現場などで未だ手作業で行われていることも多い、材料のほぐし作業。ここでは、現場の作業効率や労働環境を改善してくれる粗砕機のメリットをご紹介します。

作業効率が上がる

製造業では、各種原料が粉末状にされ、運搬・保管のために袋詰めされています。長期間保管された材料は、圧縮されて中身が固形化することも少なくありません。

固化した材料を使用するためには、もとの大きさ・形状までほぐす必要がありますが、そうしたほぐし作業がいまだ人力で行われている現場が多いのが現状です。

1袋や2袋程度ならさほど時間はかかりませんが、何トン、何十トンもの量を人力で行うのは膨大な時間がかかります。粗砕機なら、人手をかけずにスピーディーにほぐすことができ、作業効率アップをサポートしてくれます。

現場の労働環境の改善

固化してしまった原料をほぐすため、重い袋を持ち上げて床にたたきつけたり、重いハンマー等で割るといった重労働を行っている現場が多くあります。

これでは時間がかかる上、腰痛や熱中症など、作業員の健康被害が多発したり、重労働を理由にした退職を止められません。

粗砕機なら、簡単な構造の機械を操作するだけでスピーディーにほぐすことができ、労働環境を改善してくれます。

袋体のまま砕いても破れない

袋詰めの粉末原料などが固化した場合や、氷結させたものを砕く場合、棒で袋を叩いたり、床に叩きつけることで、中身だけでなく、袋まで破れてしまう場合があります。袋が破れた分のコストまでかかってしまいます。

袋体のまま材料をほぐせる粗砕機なら、袋を傷つけたり破くことなく、中身だけをほぐすことが可能です。また、内容物が偏った袋も均一な厚みに整袋することができます。

まんべんなくほぐすことができる

人力ではどうしても、ほぐし方にムラができ、一部だけほぐせていない場合があります。均一にほぐせないと、製品の品質低下を招いたり、仕込槽等に投入するときに液体の跳ね返りで薬傷を負ってしまう恐れがあります。

粗砕機を使うことで、袋全体を均一にほぐすことが可能です。品物の固さに応じて圧接力を調整できる機械なら、柔らかい物が入った袋にも安心して使用することができます。

どんな時に必要?

粉体材料の中には、保管している間に固化してしまうものがあります。

固結したまま納品したり、次の製造工程へ流してしまうと、「原料が固まって釜へ投入しづらい」「撹拌翼に塊が当たり衝撃が大きい」「溶けにくく作業時間がかかる」などさまざまな問題が発生する原因になってしまいます。

固化した粉体材料を製造時の状態までほぐし、さまざまな問題を解決してくれるのが粗砕機なのです。

固化した粉体材料をほぐす粗砕機を詳しく見る

粗砕機の基礎知識

粗砕機の構造

粗砕機は原料に力を加えて破砕を行う仕組みになっており、「衝撃式破砕機」「圧縮式粗砕機」「切断・せん(剪)断式粗砕機」に分類できます。

連続投入式とリターン式の特徴

連続投入式は、対象物を投入口に入れるとエンド側から粉体が出てくる形式になっています。一方リターン式では、対象物が完全に粉砕されるまで投入と破砕を繰り返します。対象物によって使い分けることが大切ですが、破砕したい対象物が多い場合は連続投入式の方が便利といえるでしょう。

粗砕機で解砕できる素材は?

粗砕機ではさまざまな素材をほぐしたり砕いたりすることができます。たとえば食品では、固化しやすい砂糖や塩はもちろん、ココアやキャラメルなども可能。微粉砕ができるタイプなら乾燥ネギやみかん皮なども解砕できます。

また、医薬品などの取り扱いに注意が必要な素材の場合は袋のままほぐせる粗砕機がおすすめ。作業員が素材に触れることなく解砕作業を行えます。

そのほかにも資材や飼料、廃棄物など、粗砕機はさまざまな業界で活用されています。

粗砕機で解砕できる素材を詳しく見る

まとめ

食塩や砂糖類、乳製品、クエン酸といった食品類から、化学薬品の粉末結晶、医薬品、樹脂、ゴムペレット類、工業薬品、肥料など、さまざまな原料のほぐし作業に使われている粗砕機。粗砕機を使うことで、作業効率アップ、省人化、労働環境の改善、袋体を破かずまんべんなくほぐせるなど、さまざまなメリットがあります。現場でのほぐし作業に限界を感じている方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

現場効率を上げる
粗砕機3
このメディアでは現在手作業で行うことの多い固結した砕料のほぐし作業を、袋体のまま砕ける粗砕機をご紹介します。
砕き太郎
砕き太郎
引用元:平野整機工業株式会社 公式HP(http://www.hiranoseiki.co.jp/product/#al01)
  • 特許取得(※1)の特殊加圧ローラーにより破袋しづらくスピーディーに砕ける
  • コンパクト設計ながらな高レベルの安全対策仕様で多種材料に対応可能

砕き太郎を詳しく見る

モミクラ
モミクラ
引用元:シンコー化成株式会社 公式HPhttp://www.shinkokasei.co.jp/publics/index/21/
  • 装置自体はコンパクト設計で配置しやすい
  • 粗砕対象粉袋の厚みによりS(袋体の厚みが15cm以下)L(袋体の厚みが25cm以下)の2機種あり

モミクラを詳しく見る

袋体ブレーカシリーズ
袋体ブレーカシリーズ
引用元:大有株式会社 公式HPhttps://taiyu-kabu.co.jp/breaker/
  • 袋体以外にもファイバードラムなど、異なるサイズの粗砕にも対応
  • 3つの粗砕部品を組み合わせて使用が可能

袋体ブレーカシリーズ
を詳しく見る

※選定条件:「粗砕機」を取り扱うGoogle検索上位26社の中で、現在袋体のまま粗砕する機械は3種類だけになりますので、3種類の機械をご紹介します。(2021年8月3日時点)

(※1)2021年9月時点 参照元:平野整機工業株式会社 公式HP「新着情報」http://www.hiranoseiki.co.jp/news/?p=2